読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上映1169回目終了休憩時間(あの監督の新怪獣映画&リスのナッツ戦争続編)

オリエント急行殺人事件』

今年の年末に公開される言わずと知れたアガサ・クリスティーさん原作の映画。

既に1974年、あのリドリー・スコット監督によって映画化されていますが…。

僕の場合、先に映画の方を観て、そこから原作を読んだタイプですけれども…。

監督は『マイティ・ソー』や実写版『シンデレラ』の監督で俳優でもあるケネス・プラナーさん。

なんと彼自身が主演してあの名探偵エルキュール・ポアロを演じます。

でも、K・プラナーさんはなんかポアロって言うよりは、二枚目で冷酷なテロリストの方が似合っている感がありますが…。

リドリー・スコット監督版とは違って髭は黒じゃなくて、白なんですね(↓を見て下さい)

もはや共演者はメチャクチャでジョー・デップさん、ミッシェル・ファイファーさん、デイジー・リドリーさん、ジュディ・デンチさん、ペネロペ・クルスさん、他。

パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウはいるは、現『スターウォーズ』の主人公はいるわで…。

言うまでもなく、キャスティングで誰が犯人かバレないようにしているのでしょうけど…。

勿論、オチはあの推理小説では超有名なあのオチになるかと思われます。

米公開は17年11月10日。日本公開は17年12月。

写真が解禁されたので、もうそろそろトレイラーが出て来るかと思います。

解禁された写真はこちら↓

『Okja』

Netflixの韓国怪獣TV映画から初トレイラーです。

前にご紹介しましたが、その時に公開になったのはほぼトレイラーではなく、短い特報でしたが…。

監督は『グエムル 漢江の怪物』、『スノーピアサー』のボン・ジュノさん。

特報と違ってあっさり、Okjaの全身を公開しましたね。

イノシシっぽいのかと思ったら、ほぼ見た感じは大型のカバですけれども…。

眼からビームとか出そうもないですし…。

ネット配信は17年06月28日から。

プロデューサーは俳優のブラッド・ピットさん。

出演はティルダ・ウインストンさん、韓国の子役のアン・ソヒョンちゃん、ジェイク・ギレンホールさん、リリー・コリンズさん、ポール・ダノさん、他。

物語は怪獣オクジャと仲良しの少女ミジャ。ところが多国籍企業によってオクジャが捕獲されてしまったがために、ミジャは救出のために冒険の旅に出るというもの。

演説しているティルダ・ウインストンさんが演じるナンシーが少女と怪獣の物語にどう絡むのか…特報でも不明でしたが、トレイラーを見ても…全然分かりませんね…。

『The Dark Crystal: Age of Resistance』

こちらもNetflixから。

なんとジム・ヘンソンさんと『スターウォーズ』のヨーダのクリエイター&その声でも知られるフランク・オズさんというマペットの第一人者二人が共同監督した『ダーク・クリスタル』35年ぶりに復活です。

物語は不明ですが、リメイクではなくあの物語の前日譚を描くとしいうもの。

放送開始は未定ですが、全10話だそうです。

『The Mummy』

『ミイラの復活』&それを再映画化してシリーズにした『ハムナプトラ』の更なる再映画化からトレイラーです。

『ジキルとハイド』のジキル博士を演じるラッラル・クロウさんが仕切るユニバーサル映画のモンター・ユニバースの第一弾。

以降、ドラキュラやフランケン、半魚人など様々な有名モンスターがジキル博士が統括する秘密組織、Prodigiumの監視対象として世界観を同じくして登場予定。

思ったよりかなり初公開カットが入っているトレイラーです。

今更言うまでもありませんが主演はトム・クルーズさん。

今回もスタントを含めて全て自分で頑張ってます。

『The Nut Job 2:Nutty by Nature』

ナッツをめぐる人間とリスやネズミ、げっ歯類との戦いを描いた映画の続編からトレイラーです。

昨夜、これを書いている数分前に公開されたので、内容は不明ですがとりあえずご紹介します。

米公開は17年08月11日です。

【おまけ】

JKT48

とても珍しいネット公開されたJKT48の僅か数分間のショートドラマ。

ドラマ仕立てのMVで全員がクラスメイト設定だったり、映画では自分達がそのまんまJKT48の役だったりはしましたが…。

そもそもAKB48や日本のその姉妹・坂グループのようにグループによる主演ドラマ(個人は別)がないため、同じドラマでメンバー複数人が顔を合わせるのっていうのはなかなかないのでは…?

何がすごいって、日本人の近野さんも出演しているこの中盤にあるテーブルを囲んでの会話をするシーン。

台詞を一言を言うとカットが変わり、また一言を言うとカットが変わり、さらに次の一言の途中でさらにカットがまた変わり…って、サスペンスシーンでもアクションシーンでもないのに、いくらなんでもカット割り過ぎなんじゃ…?

それにレコード会社が作ったものにしては、楽曲の使い方が結構雑ですよねぇ…。

主演は日本に連れて来られた途端、飛行機に乗せられ高度3000メートル以上まで運ばれてポ〜ンと地上に叩き落とされた先日の選抜総選挙で第五位だったシンディ・ユフィアちゃん。

スカイダイビングすると人気が上がるのか、その時に一緒に叩き落とされたメンバーも総選挙ではさらに上をいく第四位でした。

ちなみにこれは↓前編で、惜しくも総選挙第二位だった日本人ハーフでバリバリ関西弁のアヤナさんが登場する後編も既にネットで公開されています。

ついでに先日発表され、ココでもご紹介した選抜総選挙の結果を受けての新曲、いわゆる日本では長過ぎて省略された形で言う『鈴懸なんちゃら』。

インドネシア語版の正式タイトルを見たら、なんと横書きで五行もありました。

果たして歌番組に出演した時、ズドーンっとそのまんま五行で表記されるのでしょうか(そんな長いタイトル、恐らくインドネシア初でしょうけれども…ちょっと期待してます)?

【名画座へようこそ。

当劇場は『上映作品』が私こと劇場支配人が鑑賞した映画の解説&感想。

『予告編』が最新トレイラーの紹介&解説。

以前に紹介した映画関連、その他の内容が『休憩時間』となっています。

また過去に埋め込んだ動画の管理はしておりません。

そのため見られなくなっている場合も想定されるので、その際は申し訳ありませんがお好きな動画サイトにてタイトルで検索してみて下さい】