読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極東愛知黄金週間日記(3)

【去年の今日は何しとった?】

2016年5月5日…台湾そばの影響で何度もトイレへ。論文進めるチャンスなのに、だらだらな一日。

昨日は6:40頃起床。

菓子パン&珈琲。

洗濯。

ハイテクはすごい。

干して、出動。

久々に赤羽根へ。

無料駐車場は結構いっぱい。

サーファーの数が半端ない。

夏は大変だろう。

風が強くて、外海は波がザブンザブン。

堤防の先にはすでに多くの釣り人がいたので、水路っぽいとこの手前の方からスタート。

職人ワームのジグヘッド3.5g。

濁りがきつかったので、ピンク。

だんだん外側に移動。

途中で直リグに変更。

しかし根がかってロスト。

手前で釣れる気がしないので、気晴らしを兼ねて、ロングキャストタックルにチェンジ。

21gジグヘッドに紫のバルト。

サーフに近いし何かいてもおかしくないだろうと思って、ぶん投げまくった。

動画の見様見真似で横引き。

回収前に動きを見たら、ブリブリで素敵だった。

しかし何もなし。

帰港する船が増えてきて高速回収の頻度が高くなったし、潮も上げ止まり前だし、時間も時間なので、納竿。

帰宅し、バイクで再出動。

スーパー。

カレー中心の昼食。

食後、祖母宅へ。

叔父も交えてトーク

いつになく犬の絡みがすごかった。

1時間ほどで退出、帰宅し、車で出動。

ガソリンがすくなかったので、GSへ。

カード払いしようと思ったら、期限切れ。

仕方なく現金。

\3000チョイ。

今後は距離を考えないと大変だ。

田原方面へ。

こちらも久々の泉港。

冬はガラガラだったけど、シーズンなので、湾側の堤防は結構人がいた。

今回は気になっていた真ん中の堤防へ。

良さげなのに、先行者なし。

堤防貸切り!

下げ止まりだったけど、まぁそれほど気にはならない水深。

1.2gの海太郎の水平泳ぎジグヘッドにキビキビナーゴ。

最初は何やってるかわからなかったけど、だんだん海藻に触れる感じとかが分かってきた。

外側に向かって投げてたら、コンコンと来たので一応軽く合わせたら、なんとかかった!

抜き上げ寸前でバレた。

小さかったけど、釣れることは分かったので、いつもよりモチベーション格段にアップ!

海藻だと思ってた違和感の何割かは、こういう小さいやつのアタリみたい。

海太郎のシルキーシャッドにチェンジ。

するとまたクンクン来たので大きく合わせ。

チビだけど、タケノコゲット!

マゴチとボラのスレはあったけど、極東愛知で口使わせて狙い通り釣れたのは初めて!

苦節4ヶ月チョイ。

歓喜の瞬間。

もちろんリリース。

満ち出したけど、その後はヒットなし。

22時頃、納竿意識しつつ、戻りがてら、船着場方面の排水周辺の常夜灯明暗境界を通してみた。

すると、ヒット。

チビ。

またタケノコ。

リリース。

お腹いっぱいだけど、まだ釣れる気がして、手前の船着場へ。

来た時は浅かったけふぉ、満ちてちょっといい感じに。

一投目からアタリっぽいの連発。

程なく、コンコンという、明らかに魚と分かるアタリ。

合わせたら、緩めだったドラグがでるほど。

そして、走って一撃では上がらず。

抜き上げたら、まあまあのサイズ。

メジャー初仕事。

あとで画像見たら、計測間違えてて、20ジャストくらいだった。

18位だと思ってリリースしたけど、20なら、記念にキープすればよかった。

その後1匹追加。

23時半頃から明確なアタリが激減。

さらに、誤って船内に投げ入れて切れたり。

大変申し訳ないことをした。

0時前に納竿。

帰りは後ろの車が速かったということもあり、40分弱で着いてしまった。

買っておいたオカズ2品だけ食った。

昨日の極東愛知の最高気温、21℃。