読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【まどマギ】『叛逆』ディアボロス・エクス・マキナ 4

この前にほむらが

まどかに会えなくてどんなにつらかったかを

切々と訴える台詞があるんで

それを踏まえたほうが感情移入できてよいです

俺ちょっとこれね、観たときは[A]だと思ってたんですけど、

台詞集読んでみてやっと[B]の可能性もあることに気づいたとき、

不覚にもほろっときましたよ(今もちょっと涙目)。

でも[A]の可能性も消えてはない

というか、ほかの台詞読んだら[A]と考えるのが自然なんですよね…

では2番目ぐらいに重要なとこ

■結界破壊

魔女戦の最後、いよいよほむらを救出し、殻を破壊し、

QBズを滅ぼすあたりです。

この直前に、

10話3周目、まどかのSGを撃ったメガほむに

クーほむが銃を向ける

というカットがある(らしい。覚えてなかったが

台詞集のト書きに書いてあった)。意味深ではある

****************************************

ま「だめだよ、ほむらちゃん…

 ひとりぼっちにならないで、って言ったじゃない」

ほ「まどか…」

ま「何があっても、ほむらちゃんはほむらちゃんだよ。わたしは絶対に見捨てたりしない。

 だから、あきらめないで」

ほ「ごめんなさい…わたしが、いくじなしだった…

 もういちどあなたと会いたいって、その気持ちを裏切るくらいなら…そうだ、わたしは

どんな罪だって背負える。どんな姿に成り果てたとしても、きっと平気だわ。

 あなたがそばにいてくれさえすれば」

ま「さあ、ほむらちゃん、いっしょに」

ほ「ええ」

ま「ほむらちゃん、恐くない?」

ほ「うん、だいじょうぶ。もうわたしは、ためらったりしない」

****************************************

「どんな罪だって背負える」「どんな姿に成り果てたとしても」は

「悪魔になることを決断した」ってことだろう。

「あなたがそばにいてくれさえすれば」が

「まどかの一部をもぎ取る」。

そのことを「ためらったりしない」。

その後のほむらの行動がすべて暗示されてますね。

「もう一度あなたと会いたい」

これは素直にとれば、[A]ってことになりそう。

(というか、先に結論言っちゃうけど

両方の意味合いがあると考えるのがいちばんいいのかなーとも)

ちょっと意味深というか、あやしいところもありそう…

TVではQBの台詞が信用できなかったけど、

『叛逆』ではほむらの台詞が信用できないんですよねw

どちらもUrobuchiの分身でもある

というより「信頼できない語り手」のスタイルが

ドラマやキャラを動かす上では

やりやすいってことかな