読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーリングライトの交換のつづき

さて、昨日は古い照明器具を取り外すところまでを書きましたので、今日は取り付けの方を書きたいと思います。

まず、天井に取り付けるための下準備からになります。

古い照明が、けっこうずさんな取り付け方をされているので、その手直しからですね。

取り外した直後の配線はこちら。

照明器具を取り付けるのに長さが足りないので、継ぎ足しをされています。

ちなみに元々はこの継ぎ足しをした部分にはビニールテープで絶縁をされていましたが、ここではビニールテープを外したあとの写真になっています。

継ぎ足しはリングスリーブを使って圧着されています。

指で示した部分がリングスリーブですね。

まずはリングスリーブの部分から切り落とし・・・

先っぽを剥いて配線を出します。

今回、使う器具では10mmが規定なので、その分を剥いてあります。

で、このままでは新しいシーリングライトは取り付けられないので、そのための器具を天井に付けていきますが、取り付けるのはこちら。

裏面はこんな感じ。

真ん中あたりに穴が2つ空いているのが分かるかと思いますが、ここに先ほどの配線を差し込みます。

写真ではわかりにくいですが、片方にWと書かれていて、こちらには白い配線を差し込みますので、注意してください。

差し込む場所はここ。

Wを間違えないように・・・。

差し込んだあとはこちら。

差し込むだけで抜けないようになります。

ちなみに抜くときは、マイナスドライバーを抜くためのくぼみの部分に差し込んで引っ張ると抜けます。

この器具を天井に取り付けていくんですけど、なんか長くなってきたので、今日はここまでにして、明日で終わりにしたいと思いますw