読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂田囲碁読本38

前回記載した、全労済の新生命共済は投資としてはいろいろな観点があると思われるが、現在の生命保険としては長寿の場合のメリットは奇跡的かとも思われる。

郵便局の簡保でも似たような保険はあり、1000万円の保険に入って保険料の払い込み後に5年毎に200万円が支払われるのだが、その都度、死亡保険金も200万円ずつ減少していくのである。

全労済の新生命共済も同じことではないかと思って、先日、店舗を訪ねた。すると「いきいきボーナス」を受け取っても、死亡保険金は減少しないとの回答だった。

金融機関にお勤めの知人も、「この保険本当にこんなにもらえるのでしょうか?」と言ってられたので、現在の金利を考えると奇跡とも思われる。

私自身は、全労済が日本人の寿命の延長を楽観視されているのではないかと思っている。

私としては、家族から90歳まで生きることを願われる老後はいいなと思うのだ(私にはそういう家族はいまのところはいませんが)。

坂田囲碁読本38

図1 問題図再掲

図2 正解

図3 続正解