読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親父の病院で

親父の病院にニモが居たよ実はこの病院は併設されたショートステイの施設、この次の日に手稲の施設に暫く入所する。おたるの施設が空くまでね。何ヵ月かかるかは解らない、親父もちょっぴり寂しそう。なんかね、少し記憶が普通で、話も通じてるみたいで。でも、諦めたのか、文句も言わずに静かに過ごしてる。小樽を離れる事がちょっと気に掛かっているみたいだけど、何も言わない。こっちからも、深くは聞けないそんな感じです。俺も少し悲しくなっちゃったケド、どうもしてやれない。また、オカシクなったら、手に負えない。今は別々の元夫婦がベッドに並んで座って居る姿にナンだかね…不思議な感じと、昔の感じと、見てるこっちも複雑な感じ。なんか、ゆらゆらするんだ心が。帰りに外で雪割りをした広場があった、中学校の時、小学校の時、グランドの雪割りをみんなでしたよね懐かしくて撮ったね〜!親父のお陰で家族の時間を過ごしてます。少しの間。あんなに長くて、暇で自由で、そんな時間を今、この歳になって振り返っています。親父もおふくろも老いたね…。5人家族。揃ったのはいつだったかな?葬式前には、5人揃ってみたいね。泣けて来る。