読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負けに不思議の負けなし

 毎度おなじみのタイトル。

はい… これに尽きるでしょう。

 常々ここでも書いてきましたが、「10点取ったって

11点取られれば負ける」 が再び現実になりました。

やっぱり「野球は投手」が要ですかね?

 

 終盤の「ひと暴れ」は、大学譲りのお家芸となった

感もありますが、それまでに10点も取られていては

追い上げ〜逆転は苦しいです。

 

 今回の敗戦で、最も痛いところは、「清宮、野村さえ

抑え込めば『打ち勝てる』ぞ!」ということを、全国

レベルで知らしめてしまったことでしょう。

 

 帰京後、すぐに春の都大会が始まります。夏の

甲子園、予選のシード権をかけた大事な大会です。

都大会を戦いながら、夏に向けての投手陣の立て

直しはできるのでしょうか? これがカギです。

 生半可な立て直しではもう無理。宇良がキセノンを

投げ飛ばすぐらいの成長に匹敵する「大化け」を

投手陣がしてくれない限り、清宮の甲子園は、今日が

最後となってしまうでしょう。