読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

固定資産税の需給減点補正  藤田税理士事務所

家屋の需給事情に応じて その価格を減点補正する制度がありますが、納税者と自治体とのあいだに

争いが起きている 固定資産税の家屋の価格は 家屋の損耗状況に応じて 減点補正しますが さらに

受給事情による減点補正を行うこととされています 採用している自治体は 11パーセントで 訴訟では

クラブハウスが最高裁で 半額に地方の商業観光地にも影響が